2008-01

Book

新宿末廣亭十夜 小沢昭一 講談社 2006年7月

筆者、小沢昭一は子供の頃から寄席に興味を持ち、大学の頃は末廣会という評論家の私的懇談会に入って、通いつめたそうです。多くの噺家にかわいがられ、文楽、志ん生を間近にみられたということは、本当に幸せなことだったと述懐もしています。 今も柳家小三...
Book

漱石の孫 夏目房之介 実業之日本社 2003年7月

ある番組の取材でロンドンへ行くところから話は始まります。まさかこんなことにはなるまいと思っていたようですが、漱石が眺めていたのと同じ風景を下宿先の窓から見た時、突然言葉を失ってしまいます。理由もなく、彼は自分が漱石に繋がっている人間だという...
タイトルとURLをコピーしました